チーム医療で重要な役割を果たす看護師

医療現場において、医師がトップに立って患者の治療を行っていくという状況から、看護師や薬剤師なども含めた医療チームによって、患者によりよい治療を施すということが目指されるようになりました。看護師や薬剤師等の立場を、いわば医師と等しいものとすることによって、互いの意見交換を促進するのです。互いに見えていなかった面を、互いに共有しあうことが目的となっています。
こういったチーム医療を行っていく上で、以前とは比べ物にならないほどに重要な役割を果たすようになっているのが看護師です。多くの患者にとって、医師は先生と呼ぶような偉大な人と捉えられているものであり、言いたいことを言いづらい相手であるというのが実情としてあります。それに対して、医療チームにいる中でも最も患者と距離が近いのが看護師であり、医師には言えなかったようなことを看護師になら話してくれる患者も大勢いるのが事実です。たとえそれが些細な情報だったとしても、それ一つで治療方針が大きく変わってしまうことすらあります。
以前、飲んで副作用に苦しんだ薬であっても、医師がそれで良いというから以前のことは何も言わなかったというケースもあるでしょう。そういった話を看護師が聞くことで医師に事情を伝えることができ、薬剤師と相談してより適切な薬を処方するように変更することが可能です。こういった患者との距離の近さという武器があるのは看護師であり、チーム医療において看護師は重要な役割を担うようになっています。

Leave a Reply